タグ:文化・スポーツ

    1: ななしみん@まとめっこり 2022/01/04(火) 10:26:48.22 ID:CAP_USER
    (羽田 真代:在韓ビジネスライター)

    (略)

    中央日報に公開されたすごい自国礼賛記事
    「The JoongAng(中央日報)」で「“東京よりソウル” 日本を抜き“高級韓国” 100年越しに確立(2021.12.18)」と題されたニュースが公開された。そこには「1882年、米最高の金持ちだったウィリアム・ヴァンダービルトはニューヨークのど真ん中に日本風の豪華な邸宅を建てた」「同じ時期のフランスでは日本版画の浮世絵が大人気となった。その後の100年で、日本文化はファッションとデザインはもちろん、美術、文学、クラシック、大衆歌謡、漫画、アニメ、文学など世界的に高級文化の地位を確立した」と前置きしたあとに、「2021年、雰囲気がすっかり変わり、韓流が世界に広がった」。

    「かつてはアジアと言えば東京がいつも先に挙げられていたが、今ではソウルに変わった」「韓国の不屈の製造企業が“メイド・イン・コリア”をという優秀な品質を広め、スポーツではアジア大会やオリンピック、ワールドカップなどでも成功を収めている」「経済でもアジアの盟主であった日本と差を縮めたり、リードし始めたりしている」と紹介されている。

     加えて、記事には「日本文化は1850年代に門戸を開いたあと、30余年後に万国博覧会などの国際行事を経て、世界的な高級文化との地位を確立した。韓国も1986年アジア大会以後、30余年後に世界が認める“韓流ブーム”を作り出した。この方程式が当てはまれば、韓国の文化は今から2100年代以降まで高級文化として続き、子供たちは高まった国家の地位を親の世代より多く享受することができる」と書かれていた。

    「100年後まで韓流ブームが生き残っているか」と尋ねられれば、筆者なら「NO」と答える。なぜならインターネットが発達した現代では、人々の好奇心や関心の移り変わりの速さは、100年前と全く異なるからだ。正直、“韓流ブーム”があと10年持つかどうかすら疑問である。

     この記事を書いた記者は、100年前と現代の環境の変化を全く考慮せずに論説しているため、社会情勢に明るい読者相手には全く響かない記事となっている。しかし、本来社会情勢に明るいはずの記者がこのように書くということは、「100年後も“韓流”が世界で評価されるはずだ」と心の底から信じているのだろう。

    このようなメディアの情報を信じて、「韓国はすごい」「日本などもう比較対象にもならない」と考える韓国民も多く存在することは事実だ。しかし、今はインターネットがあれば知りたい情報はある程度手に入る。昔のような洗脳報道は通用しなくなっている。

    (略)

    この記者が日本を超えた例として挙げている「韓流」は、韓国政府が国家戦略としてコンテンツ産業支援投資金に大規模な投資(2019年は約410憶円)した、言わば作られた流行だ。日本文化が流行した理由と全く異なる。

     筆者は「韓国文化が劣っている」とは思わない。日本文化、韓国文化それぞれに良さがある。ただ、「美人は3日で飽きる」と言われるように、作られた流行は人々の飽きも早い。100年後も韓国文化が評価されるには、心の底から人を魅了する何かを韓国は作らなければならない。

     韓国メディアがこれに気付いて自国を過剰評価する報道姿勢を改めない限り、「国内旅行よりも日本旅行」「国内学校への入学よりも日本留学」「韓国製品よりも日本製品」と考える韓国民の流れを防ぐことはできないだろう。

    https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/68306?page=4



    【“作られた韓流”と世界を魅了する日本文化は似て非なるもの】の続きを読む

    1: ななしみん@まとめっこり 2021/12/17(金) 21:28:09.85 ID:CAP_USER
    no title

    梅月堂・金時習の肖像画=忠清南道扶余の無量寺のウェブサイトよりキャプチャー//ハンギョレ新聞社

     日本の茶道にも影響を与えた梅月堂・金時習(キム・シスプ、1435~93)の茶文化に再び光を当てる学術大会「草庵茶の再発見」が17日午後2時、ソウル忘憂洞(マンウドン)の天台宗三龍寺で開かれる。

     朝鮮時代の生六臣の一人である金時習は、朝鮮の自然、風流、心性と儒教・仏教・道教を統合した思想をもとに、韓茶である草庵茶を創始したと伝えられている。

     今回の大会では、茶行法の研究会である釜山熟盂会(会長カン・スギル氏)が金時習の草庵茶法を試演し、慶尚北道安東(アンドン)の伝統礼節振興会(理事長チェ・オクチャ氏)が煎茶法を披露する。さらに、金時習の草庵茶法が韓国と日本の茶文化史に与えた影響や、東アジアの茶道史における金時習の草庵茶の研究、朝鮮の茶の歴史における金時習の位置などをテーマとした学術大会を開く。

     学術大会には、茶専門月刊誌「茶の世界」や韓国国際禅茶文化研究会、梅月堂文学思想研究会、生命尊重環境フォーラム、天台茶文化研究保存会、宗教家連帯、韓国多文化センターなどが共同で参加する。

     三龍寺の住職であり天台宗の宗会議長であるムウォン僧侶は、「新羅の高僧である浄衆無相が唐で禅茶を創始し、朝鮮時代に金時習の草庵茶が寺院を中心に広がり、士大夫と一般人にまで普及したものが、15世紀の日本に伝わり、日本が誇るわび茶が作られた」と述べ、「今回の学術大会を通じて、雪岑大師・金時習の清貧な生涯と節操の精神、韓国茶文化をあわせて光を当てることになるだろう」と明らかにした。

    チョ・ヒョン宗教専門記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
    https://www.hani.co.kr/arti/well/news/1023677.html
    韓国語原文入力:2021-12-17 02:30訳M.S

    ソース:ハンギョレ新聞日本語版<日本の茶道に影響与えた「梅月堂・金時習」茶文化学術大会が開催>
    http://japan.hani.co.kr/arti/culture/42027.html
    (訳注:元記事のタイトルは「日本茶道の源流「梅月堂・金時習」学術大会」)



    【朝鮮の草庵茶が15世紀の日本に渡り日本茶道の源流に~『梅月堂・金時習』茶文化学術大会開催】の続きを読む

    1: ななしみん@まとめっこり 2021/12/15(水) 01:30:29.66 ID:CAP_USER
    no title

    (※他5枚有り)

    ミス・ユニバース世界大会で日本代表が着た衣装をめぐって日本で批判の声が出ている

     「ハフポスト日本版」が13日に報道したところによると、イスラエルのエイラートで開かれた第70回ミス・ユニバース世界大会で日本代表の渡辺珠理さんがナショナル・コスチューム部門のコンテストに参加したという。ナショナルコスチューム部門は各国の代表が自国の文化を代表する衣装を新しい解釈を添えて披露する部門だ。

     渡辺さんはこの日、日本の伝統衣装である着物をアレンジしたドレスを着た。両袖に日本国旗が描かれたドレスを着た渡辺さんは太い金色のベルトを腰に巻き、両手に招き猫を持った。それだけでなく、胸に大きく「日本」という文字を書き、見る人の目を釘付けにした。

     しかし、渡辺さんが着た衣装は日本の伝統的な服装とは大きく異なり、日本国内でも論議が起こっている。日本ではネットで「日本の歴史と文化を完全に笑い物にした」「日本人に対する侮辱」など否定的な反応が上がっている。

     さらに、着物の着用方法についての指摘も出ている。普通、着物は左襟が上に来るように着用するが、渡辺さんが着た衣装は右襟が上に来ているというのだ。これは死に装束で使われる方法だとSNSで指摘された。

     そんな衣装ではあるが、込められた意味はかなり大きい。駐日イスラエル大使館によると、この衣装は日本とイスラエルの国交樹立70周年を記念して、イスラエル人デザイナーのアビアド・ヘルマンさんが直接デザインしたものだという。

     駐日イスラエル大使館は今月2日、ツイッターでこの衣装を公開し、「歓迎とお祝いの気持ちを込め、原宿ファッションと着物を融合させた衣装」と紹介した。

     一方、ナショナルコスチュームとして、パナマ代表やベトナム代表は伝統衣装よりは仮装衣装を選択し、中国代表や韓国代表は伝統衣装を披露した。

     今回のミス・ユニバース世界大会ではインド代表のハーナ・サンドゥさんが優勝した。2位にはパラグアイ代表が、3位には南アフリカ共和国代表が選ばれた。渡辺さんは「TOP16」入りを果たした。

    WOWKorea 2021/12/14 23:46配信
    https://s.wowkorea.jp/news/read/327226/

    日韓ハーフ?

    https://wp2019.jp/watanabezyuri-wiki/



    【【韓国報道】「日本人を侮辱」…“死に装束”ミス・ユニバース日本代表衣装へ怒り】の続きを読む

    1: ななしみん@まとめっこり 2021/12/07(火) 11:49:05.41 ID:CAP_USER
    囲碁・シャンチーは韓国の伝統ゲーム?韓国ドラマ「メランコリア」のワンシーンが中国で物議
    Record China 2021年12月6日(月) 20時50分

    中国のニュースサイトの観察者網によると、韓国ドラマ「メランコリア」第8話のワンシーンが中国で物議を醸している。

    記事によると、韓国のテレビ局tvNの15周年記念ドラマ「メランコリア」は、私立高校に赴任してきた数学を愛する女性教師と数学の天才だった寡黙な男子生徒による通念と偏見を越えた物語。11月10日から放送が開始された。

    問題となっているのは、第8話で女子生徒が「韓国の伝統的なテーブルゲーム」を使って人々に数学の楽しさを伝えるプレゼンテーションのシーン。

    プレゼンの画面には、「韓国を代表する伝統ゲーム」として、ユンノリ(朝鮮半島に伝わる伝統すごろく)、チャンギ(朝鮮将棋)、囲碁の3つが表示された。

    記事は、このシーンが中国のSNS上で物議を醸しているとした上で、「囲碁が生まれたのは4000年前の中国だ」「チャンギは、シャンチー(中国将棋)から変化したもので、どちらも中国の楚漢戦争を題材としている。最も大きい駒に書かれた文字は異なるが、他の駒の文字や駒の動き方は大体一緒だ」などと伝えている。(翻訳・編集/柳川)

    https://www.recordchina.co.jp/b886129-s25-c30-d0192.html



    【韓国「すごろく、将棋、囲碁は韓国の伝統ゲーム」】の続きを読む

    1: ななしみん@まとめっこり 2021/11/29(月) 12:37:45.52 ID:CAP_USER
     日本固有の鍛冶製法によって作られた日本刀は、現在では武器というより芸術品としての価値が高い。欧米でも日本刀は高く評価されているが、中国メディアの快資訊はこのほど、「なぜ日本刀は世界で中国剣よりも有名なのか」と題する記事を掲載した。

     記事はまず、「日本刀」というと多くの欧米人は、映画やドラマに出てくる武士の刀を連想すると指摘した。一方、「中国剣」と言われても、欧米人のほとんどは「まったくピンとこない」という。

     実際のところ、中国には剣に関する伝説がいくつもあるという。例えば、「干将・莫耶」の夫婦が楚王のために作った2本の宝剣に関する伝説は有名だと紹介した。これは、楚王の性格をよく知る干将が、1本を妻の莫耶に託し、1本だけ楚王へ献上したところ殺されてしまったが、後のその子どもが楚王に復讐するという話だが、中国では有名でも欧米ではほとんど知られていない話だと言えるだろう。

     では、なぜ日本刀は欧米で有名になったのだろうか。記事は、日本刀は反りが付いていて長く、その独特の形で印象に残ると分析した。そして、20世紀の日本経済の急成長に伴い、日本文化が世界中に発信され、多くの人が受け入れるようになったからだと説明しているが、実際のところは日本刀の「凄まじい切れ味」が高く評価されている。

     一方、中国剣は種類があまりに多すぎて、海外へ発信するに際して1つの種類に絞り切れなかったという。また、中国映画では剣だけでなく刺繍針すら武器にできたり、達人になると草花や棒切れで敵を倒してしまったりという場面がよくあると指摘した。確かに、これでは中国剣に対する魅力がなくなってしまうのも無理はないだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    サーチナ 2021-11-29 12:12
    http://news.searchina.net/id/1703859?page=1



    【「日本刀」は欧米でも有名なのに「中国剣」は無名な理由 中国映画の達人は草花や棒切れで敵を倒すから】の続きを読む

    このページのトップヘ